スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

通院前夜

2014/11/26 (水)  カテゴリー/ゼローダ

色々ある毎日ですが、
確実に時間は過ぎていき、
いつの間にか明日はもう通院日。

時間は残酷でもありますが、
優しくもあります。
優しくもあるけど、残酷でもあります。

病院ばっかり行ってる気がしてるけど
よく考えれば自分の病院は月1になったので
約1ヶ月ぶりの通院。
マッハで過ぎた気がする1ヶ月でした。
だって、もうすぐ12月だよー。

ゼローダの副作用らしきものは
服用当初の倦怠感と眠気ぐらいでした。
手足症候群も、指先がピリピリしているけど
そんなに感じません。
ハンドクリームを塗って、
洗い物の際は、ゴム手袋を、
寝るときも保湿用の手袋をして用心していたけど
ちょっと乾燥してるかな?ぐらいです。
息苦しさもあるけど、これは肺が原因なのか
貧血が原因なのか?
胸のしこりは成長している気がするから
ゼローダはあまり効果がないのかも知れません。

私の先生はせっかちさんだから、
薬を変えようって言われちゃうかな。

抗がん剤の場合、1ヶ月目には効果が出なくても
2ヶ月目から効果出てくることってあるのかな。
普通に生活できているうちは、このまま使っていたいなぁ。
マーカーがどうでも、普通に生活できてればそれでいいんだもの。

髪の毛は高校球児ぐらいまでのびてきました。

なんだか心のどこかが麻痺している感じで
明日の通院に対して、いつもみたいな憂鬱感がありません。
どうか、このままゼローダ続行でいけますように。
1ヶ月でバイバイなんてことありませんように。
ちゃんと心をこめてお願いしなくちゃね。

昨日と今日は冷たい冷たい雨でした。
窓の外も暗くてあまり見えませんでした。

これは一昨日の空。
雲がすっごく綺麗でした。

             
         b11261.jpg



こんにちは!ゼローダくん

2014/10/27 (月)  カテゴリー/ゼローダ

行ってきました。
病院。

今日は主治医診察の前に
乳腺の他の先生とも面談でした。

主治医以外の先生と話すってことは、
それはいい話であるはずがなく。
ビクビクドキドキだったけど、
診察までのわずかな時間のために、
わざわざ来てくれた友達のおかげで、
リラックスして待つことができました。
診察室に入るまで、隣にいてくれて心強かったです。
ありがとう☆

面談の結果。。
打ちのめされてまいりました。
現実はシビア。


ですが、今は私自身が副作用の少ない治療を希望していて、
それを先生方も理解してくれたので、
せっかく先生方が色々考えて下さったけど
結局、ゼローダになりました。
お試し感覚でやってみてって。

面談と診察のあとは、
さすがにショックが大きくて。
後から後からショックが大きくなって、一人でこっそり泣きました。
今の私が泣くにふさわしい場所で。
ワカランチンが一緒じゃなくてよかった。

変テコな格好してる変テコな人でさえ
私よりキラキラして見えました。

泣くだけ泣いたらスッキリして、
ワカランチンの夕飯が気になってきました。

でも、夕飯を作る気持ちになれなくて、
帰り道のお総菜のお店に入ったら、
小さなおばあちゃんが、小さな容器にちょっとずつお惣菜を詰めていました。
「おばあちゃん。一人で食べるのかな。。。」
小さな背中を見ていたら、
何となく母を思い出してしまい、
また泣きそうになってしまった。

小さい頃みたいに、母に抱きついて、大声で泣きたくなりました。

母を悲しませたくないし。
そうちゃんのランドセル姿見たいし。
一緒におばあちゃんになって、
赤いちゃんちゃんこ買ってもらう約束もしてるし。
ワカランチンはお腹すかせてるし。

そうだ。今、私は泣いてるわけにはいかんのだ。
そうだった。そうだった。

とりあえず、今はゼローダに期待するしかない。
12月のそうちゃんのお遊戯会まで、何とかゼローダで粘るぞ。

朝、夜。ゼローダ3錠ずつスタートです。
通院も減るし、
きっと髪の毛も睫毛も、また生えてくるよね。
神様がくれたお休みだと思うことにしよう。
こんにちは。ゼローダくん。
これからよろしくね。

気を取り直して、明日からお出かけだよん。




プライベートモード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。