スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「はじめの1歩」の日

2013/04/21 (日)  カテゴリー/乳がん

今日は寒い1日でした。
天気予報で2月並みって言ってました。
寒いわけです。

今日もやる気のでない1日。
もうしょうがないので、ゴロゴロしてました。
カレンダー見てて、ふと思い出したのが、
去年の昨日、初抗がん剤投与日でした。

入院中だったので、自分のベッドで受けました。

2〜3日前から怖くて眠れなくて、
ちょっと眠ると怖い夢を見て
「きゃあ〜!」って大声で寝言を言ってしまい、
看護師さんに、睡眠薬出してもらう?と心配されました。

当日は大きなお腹を抱えて妹と母が来てくれました。
朝からドキドキでした。
主治医ではない、担当の若い女の子みたいな先生が点滴の針を刺しに来てくれました。
でもその先生も慣れていないのか、何度やっても入らない。
私は怖いので、目を閉じて見ないようにしていました。
看護師さんが色々先生にアドバイスしてくれて
やっと入りましたが、視界のすみに赤い海が広がっていました。

doku1.jpg


何故か出血し、それがシーツの上だったので、ひろがったのかな。
先生は逃げるように消えてしまい(この先生だけは最後まで苦手でした)
看護師さんが血の海を見えないように隠してくれました。
Cちゃんって呼んでた看護師さん。
優しくてかわいくて大好きだったなー。

ヘタレな私はまだドキドキしていて、
なんと、吐き気止めの点滴中に吐いてしまいました。
「吐き気止めの点滴中だけど〜!」って笑われました。
あとから先生に「完全に気持ちの問題。次回からは安定剤を飲みましょう」って言われた。
パクリが始まるとすぐに眠くなって寝てしまいました。
「寝ちゃうと思うよ」と聞いてたので、
母と妹には、お茶を飲みに行っててもらいました。
起きたら、母と妹が心配そうにそばにいてくれたのを覚えてます。
終わったときは何ともなくて、血の海を写真に撮る余裕もありました。
点滴が外れると、すぐにシーツを取り替えてくれました。
看護師さんたち、みんな親切だったなぁ。


これからまだまだ続く抗がん剤生活の「はじめの1歩」の日のこと。
あれから1年かー。
途中、何度も何度ももう嫌だと思った。もう逃げ出したいと思った。
副作用で化け物になって、涙も出ないほど落ち込んだ。
でも、抗がん剤というドクより、孤独というドクの方が怖い。
だから、まだまだ頑張るしかないと思うのでした。

doku2.jpg


長い入院生活中、何度かそうちゃんがお見舞いに来てくれました。
その頃は、私も車椅子でなら院内のレストランまで行ってもいい許可が出ていて、
レストランで会ったけど、パジャマ姿で車椅子に乗ってる私が不思議だったみたい。
「ここ、あすちゃんちなの?」って聞かれました^^
そうちゃんが持ってきてくれた大好きな黄色のガーベラ。

自分用に追記。
腰が響くように痛い。
寒さのせい?
久しぶりにオキノームをのむ。
最近、調子に乗って歩きすぎたかな。
関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2013/04/21 (日) 22:43

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2013/04/22 (月) 09:59

鍵コメさん

鍵コメさん。コメントありがとうございます!

不思議だけどちょっと嬉しいような(笑)

なかなか暖かくなりませんね。
今日も結構風が冷たい1日でした。

桜は早く咲きすぎちゃったと後悔しているかも知れませんね(笑)

いつもありがとうね。

あすを | URL | 2013/04/22 (月) 23:56

22日の鍵コメさん

鍵コメさん。コメントありがとう!

ありがとうございます。
そういう気持ちが一番嬉しいです。
まだまだ頑張ろう!って思えます。

ありがとうね。

あすを | URL | 2013/04/22 (月) 23:58

コメントを書く

装飾
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プライベートモード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。