スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未練たらしい女

2015/10/14 (水)  カテゴリー/気持ち

毎日、ネットのニュースを見るときに
何となく川島なお美さんの名前を探してしまう。

未練たらしい女です。

当たり前のことだけど、もうほとんど名前を見かけなくなっちゃった。
だんだん人の記憶は上書きされていくのよね。

わかり切っていたことだけど
日に日に、報道されなくなってくる。
日に日に名前が遠くなる。

今井さんもそうだった。
後藤健二さんのときもそうだった。

みんな笑顔になっちゃって。
それが仕事なんだし、当たり前のことなんだ。
笑顔だからって忘れたわけじゃないんだ。
見えないものも見なくちゃ。
わかってるんだけど、どうしても切なく感じちゃうよね。

今、後藤健二さんのことを覚えている人
どれくらいいるだろうか。
覚えてはいるだろうが、あの頃みたいな気持ちで
彼を覚えている人はどれくらいいるかな。

川島なお美さんも、
あれだけの衝撃を人々の心に残したけれど、
だんだん忘れられていくのかな。

私は怖い。
いつも怖い。

忘れていく自分も怖い。
忘れていくみんなが怖い。

でもそれでいいんだとわかってる。
それは冷たいわけじゃなく、
そうしないとみんな前に進めないから。
(一部、マスコミは違うけどね)

最近、明け方一人で目を覚まし
「あー。私にはもう心配してくれる母はいないんだ」という現実に気付く。
心の中にいてくれたって、返事してくれなきゃ意味ないじゃん。
そう思ったりもして、ひとり、枕を濡らすけど
隣に寝てる大きい人は、繊細な(!)妻の気持ちなんてわかるはずもなく、
イビキかいて平和そうに寝てるから、
私も結局眠くて、また寝ちゃうんだ。
ダハハ(笑)

そして「心の中にいるもんね」って話しかけている。

私は母を忘れることはない。
旅立ってしまった大好きな人たちを忘れることはない。
自分の心の中に咲いててくれれば
それでいいのだ。
それは私にしかわからない花。
綺麗でかわいくて強い花たち。

だけど、わかっていても
川島なお美さんの名前を探してしまう自分がいる。
生前の彼女の何かを知りたいわけじゃない。
そういうことじゃないの。
まだ忘れられてないことを確認したいだけなの。
なお美さんだからってわけじゃなく、
自分が転移してからは、
そういう気持ちになることが多くなった。
芸能人、著名人に関わらず。

でも私がいなくなった時は
忘れられちゃてもいいな。
時々、思い出してムカッとしたり、
ニヤリとしてくれたらそれでいい。


今日も、人の優しさに感激した1日だった。
今日は通院はお休みで、相変わらずひきこもりの1日だったけど。
元気になれることを期待して、少し先のお出かけの色んな計画立ててて、
人って優しいなと感じた1日だった。
私は、あんなふうに人のことを思いやれるかな。
考えられるかな。
全然自信ない。
いつも自分のことばかりだ。

ひとりぼっちの毎日が寂しいけど、
優しさに包まれている気がしたよ。


フェソロの副作用らしいものが何もないんだけど。
それはそれで不安である。
効いてくれないかなー。フェソロ様。
どうでしょうか?

さぁ。寝ようかな。
おやすみね。ママ。






関連記事

プライベートモード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。