スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

捻くれたキモチ

2015/08/22 (土)  カテゴリー/気持ち

やっと、月を見る余裕がでてきました。

明日が半月。
「上弦の月」
拓郎の「旅の宿」だね。(歳がばれる〜)

そう。ちいさい頃は、
大人になれば、あんなふうに愛されて
あんなふうに艶っぽい日々が送れるんだと思ってたな。
ところが!
現実には、おでこに冷えピタを貼り、ヒーフー言う毎日。
隣にいるのは、愛とは無縁のワカランチン。

ハーフムーン1日前の今日は
熱はすっかりさがったけれど、やっぱり身体が疲れていたみたいで
ほぼ1日中寝倒してしまいました。
熱があるときより、ぐっすり熟睡。

「よく寝たなー」とリビングに来てテレビをつけたら
あら!今日は24時間テレビの日なのね。
私がひねくれているのかも知れないけど、
「かわいそうな子はいないか?」「苦しんでる人はいないか?」って
テレビ界の生ハゲみたいな番組に思える。
勿論、ここで報道されることで注目してもらえて
寄付金、義援金が増えることになるならそれは素晴らしいことなんだけど。
それは1日限定で24時間通してやらなくても、
毎週1時間ずつじゃダメなの?
今回のドラマもまた亡くなる人の話なんでしょ?
それになんで、この暑い中、マラソンさせるかな?

私が中学生か高校の生の頃、
「女ののど自慢」って番組があったんですよ。
素人の女の人ののど自慢なんだけど
のど自慢に入る前に自分の半生を振り返るの。
そこだけで観客の皆さんも大号泣。
お気の毒なぐらい大変な思いをされた方が
「今、元気に歌を歌っている」ってとこがコンセプト。
最初に観客の方が審査の数字をいれて
最後に審査員のおじさまたちが数字を入れるんだけど
不幸エピソードたくさんの方は、
歌があまりお上手じゃなくても
観客審査員だけで合格点に達することが多く。
特に不幸エピソードがなく、
「孫たちに囲まれて幸せです」というようなお若く見えるおばさまは
どんなに歌が上手でも観客からの数字が入らない。

びっくりして母に「何?これのど自慢じゃないじゃん!」って言ったのを覚えている。
「何なの?この不幸自慢」って思っちゃった。
母は「残念なことだけど、世の中はこういう側面がある」というようなことを言った気がする。
「やだ!もう見ないでよ!」ってチャネルを変えた気がする。

時々「まだあのテレビ、見てるんじゃないでしょうね?」と言うと
「もう見てないよ」と笑ってたけど、どうだったかな(笑)

あ。話を戻して24時間テレビ。
小学生の頃は、純粋に貯金箱のお金を募金したりしてたけど
今は「他人の不幸は蜜の味?」って思っちゃう。
あ。障がいを持った方や病気の方が不幸という意味ではありません。
局側の意図がね、そう思うってことです。
何か挑戦する子供たちの姿はやっぱり心から応援したくなる。

私も転移したがんを患って、
まぁ、ヒーフーするぐらいで元気だけど
残念ながら、
やっぱり興味半分、好奇心半分で近づいてくる人はいる。
最初は全然気付かないんだけど、
やっぱりどこかで気付いてしまう。

ま。そんなわけで私は今年も24時間テレビは見ないけれど
「元気もらいました」
「感動もらいました」
そう素直に思える心も取り戻したい気はする。

24時間テレビを見て、元気貰った人、
感動もらった人、勇気もらった人。
どうか、今日1日だけの感傷にしないでほしいと願う。


t822.jpg



関連記事

プライベートモード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。