スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月12日

2014/08/13 (水)  カテゴリー/日々の事

8月12日。

29年前の今日は
日航機墜落の日です。
29年前の今日。
私は、友達と大磯ロングビーチで遊んでました。
家に帰って大惨事を知りました。

その後しばらくして、
私はこの事件に大きな関心を持ち、
色々な本や資料を読んで色々と調べたり
ご遺族の方の活動を追ったりしました。
今もたくさんの本や資料が家にあります。

コックピットの中での機長さんの一言は、
サラリとしているだけに余計に深い絶望が伝わってきました。

今日もテレビで特番が組まれていました。

その中で「この飛行機に乗ったのも運命なのか?」というようなことが
語られていました。

こういう事件の報道を見るたびに
「神様は耐えられない試練は与えない」という言葉は
ウソだと思ってしまいます。
神様は何を見て、ソレを選ぶの?
どうして、そんなことで神様に選ばれてしまうの?

昨日まで元気だった人が、一瞬にして命を落としてしまう。
さんまさんが、この飛行機に乗るはずだったのは有名なお話です。
キャンセル待ちで乗った方もいるでしょう。
「娘の帰省のために、自分がこの飛行機のチケットを送った」と
ずっと自分を責め続けているお母様もいらっしゃいます。

やはり「運命」ってあるのかな。

私が病気になったのも、運命なのかな。

私には薄っぺらな言葉しか出て来ないけど、
毎日、家族と一緒に暮らせるということは当たり前のようでいて、
大きな幸せなのだと改めて思いました。
例え、病気を抱えていても。

人はみんないつか必ず死にます。
納得いく「死に方」ができる人は少ないのかも知れません。

陳腐なことしか書けない自分が恥ずかしいですが。

もう二度と不幸な事故が起こりませんように。





関連記事

プライベートモード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。