スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハラヴェン5クール①

2014/08/07 (木)  カテゴリー/ハラヴェン

暑い暑い通院日。
駅から病院までの真夏の太陽に、心も身体も溶けるかと思いました。

今日はマーカーも出てなかったので、
白血球の数値に問題がなかったため、そのままハラヴェン続行でした。

あんなに辛くてたまらなかったのに
先生には「大丈夫!」と元気ぶってしまう私。
副作用が我慢できなくなったら、ハラヴェンは中止と言われているから。
検査を追加されるのもイヤ。

それでも、ここ最近の気分の落ち込みがきつく、
「精神腫瘍科を受診したい」旨、意を決してお願いしてみました。
でも先生も看護師さんも、まだ必要ないと言う。
「こんな病気に罹って、不安にならない人はいない」って。
それと暑さのせいもあるだろうとの事でした。
実際、この暑さで、調子を崩している方が多いそうです。

「もし辛いなら、薬の量を減らしてみる?」と聞いてくれた先生に
思わず「でも効き目が落ちてもイヤだし」と言ってしまい、
「やべっ!」と思ったときは既に遅く
「続けられなくなったら意味がないの!」と怒らせてしまいました。

口答えしているつもりも否定するつもりも全然ないんだけど。
先生はこういうのを嫌うってよーくわかっているんだけど。
いつも同じ失敗をしてしまうのだ(泣)
こういう時、どう言えばいいのかな。

結局、今日はそのままの量で投与。
次回(6クール目)は減量して様子を見るということになりました。

来週は診察なしなので、とりあえず5クール目は続けられそうです。
「もう効果なし」と言われる覚悟で行ったので、ホッとしました。

今日は、ハラヴェンの待ち時間も少なく、針刺しもスムーズで
予想よりも早く帰ることができました。

とりあえず続行できたことに感謝。
ありがとう。ありがとう。

病院はすごく嫌い。行きたくない。
でも何だか今日はいつもより体調がよかったです。
薬が抜けたのもあると思うけど、
家に籠っているよりは、少しくらいどこかが痛くても
お出かけした方がいいのかも知れないと思いました。
やっぱり私は自分に負けているのかも知れない。

一人の夕食をすませ、お風呂に入ろうとしたら電話が。。
広島にいる先輩からでした。
ちょうど、原爆記念日の昨日、みんなのこと思い出してたんだ。
喜んで出てみたら、みんな一緒に飲んでいるとの事。
賑やかで楽しそう。
もう15年近くも前の仲間たち。
本当に可愛がってもらったし、色んなことを勉強させてもらった。
今はもう誰も東京支社には残っていないけど、
今でもこうして繋がっていられることが泣きたいほど嬉しかった。

「お前、いくつになったの?」
みんなに聞かれて、笑って年齢を言う。
今の私を見たら、みんなドン引きだろうな。
おばちゃんになった上に、
こんな、いかにも「病人」になっちゃってさ。
それでもいい。
ドン引きされてもいいから、やっぱり会いたいと思える大切な大切な人たち。

そうだった。
私にも、楽しくて輝いていた時間があったんだ。
病気になる前にも、こんな素敵な仲間と出会えていたんだ。
そう思ったら、急に自分の人生が愛しくてたまらなくなりました。
たーんじゅん^^;

イヤなこともあれば、思いがけずいいこともある。
やっぱり、七三分けの薄毛のおばさんは、
まだまだ頑張ってみたいと思います。



今日の1曲。泣けちゃうよ。 
反則の1曲である。




関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2014/08/08 (金) 00:22

鍵コメYさん

Yさん コメントありがとう!

暑いね〜。食欲ありますか?
お薬のお休みは先生のお考えもあってのことだと思うから
あまり心配しないでね。。。でも心配になるよね(泣)
私も気持ちが落ちて、落ちて。
心療内科(?)みたいなとこを受診したかったけど
何故か「まだ早い」って言われてしまいました。

私も薄毛のくせに、鳥の巣状態です。
時々、うっかり宅配便のおじさんが来たとき出ちゃうんだよね^^;

映画のドラえもんの主題歌なんだって。
いい歌だよね。

これからも色々お話しようね。

あすを | URL | 2014/08/08 (金) 23:38

コメントを書く

装飾
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プライベートモード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。