スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思い出したこと

2013/03/04 (月)  カテゴリー/気持ち

今日も全く使い者にならなかった私。
涙目でずっと横になってました。

何かしなくちゃと読書したり、手芸部になってみたり。
でも集中できないし、背中が痛くて椅子に座っていられない。
この背中痛、ガンのせいだと思っていたけど、
もしかしたら副作用なのかなぁ。
痛くない日もあるから。
いや。でもガンだな。うん。

以前、私「服を着たまま入れる岩盤浴」に通っていました。
そこに通っている多くの人がガンが消えたって聞いたと言って、
友達が紹介してくれました。
2年くらい通ったかなぁ。
不妊治療もしていたし、冷え性改善にもいいと聞いて週に2回通ってました。
1ヶ月12,000円くらいだったかな。
1時間、あったかいお部屋に入っているだけでいいの。
整体かな?の女性の先生(?)が10分くらい足をマッサージしてくれて気持ちよかったな。
冷え性は少し改善された気がします。
マッサージしてもらいながら、色んなお話をするんだけど。
でも、その先生のお話しがだんだん辛くなってきて通うのをやめてしまいました。

その頃の私は、今よりもっともっともーっとひねくれてて
「私が一番不幸」ぐらいに思ってました^^;
そんな私に先生はいつもいつも
「仕事もしないでこの治療に通えるなんて幸せだよ」と言いました。
それは私も感謝していました。
先生はいつも「あなたよりかわいそうな人がたくさんいるんだ」という話を私にしました。
いろんな具体例を話してくれました。
そしていつもいつも「あなたは幸せだよ。幸せ者だよ」と言いました。

確かに私は幸せだったんだと思う。
でもその頃、ガンの再発、転移にも怯え、
不妊治療もうまくいかず、私にとっては辛い時期に感じていました。
だから先生のお話が素直に聞けなかった。
それに、自分よりかわいそう、辛い境遇の人と比べることにどうしても違和感がありました。
なんだか、それって違わない?って思ったの。
うまく書けないのだけど。。。
自分より幸せそうな人と比べるのもイヤだけど、
うーん。なんかもっと違う嫌悪感がありました。
優越感ってこと?みたいな。
違うな。とにかくうまく言えないのですが、イヤだったの。

整体の先生は明るい人で、
私より5つくらい年上の方でした。
お子さんも2人いらして、勿論健康な方で、
素晴らしく前向きな方でした。
とてもおもしろい先生だったけど、
健康なその先生には、ガンの辛さや恐怖はわからないだろうなと思うと
だんだん「あなたは幸せ」と言われることが苦痛になってしまいました。

そんなことを考えているとき、帯状疱疹に罹ってしまい、
それを機に行くのをやめてしまいました。
免疫をあげるために通ってるのに、
帯状疱疹に罹るってことはこれ以上免疫上がらないなーなんて思って。

帯状疱疹、痛かったよー。

今日、転送で「また来てね。待ってます」のおハガキをいただき、
何となく思い出してしまいました。
転移のことも引っ越したことも話してないもんね。
お世話になったのに、黙って通院をやめてごめんなさい。
いつかお詫びに行きたいな。

「幸せ」って今でもよくわからないけど
人から「あなたは幸せ」とかって言われるものではないような気がするこのごろ。
違うかな。
先生。生意気でごめんなさい。


関連記事

この記事へのコメント

あすをさん、今日の調子はいかがですか?
あすをさんが感じたこと。その通りだと思います。
相手が良かれと思ってしてくれる事、それがストレスになる事ってありますよね。私もそこに通っていたらあすをさんと同じ違和感を感じたと思います。
幸せは比べるものじゃないし、辛さも共感出来るのは同じ立場ならでは。
わかってもらえるのは、なかなか難しいですよね?

あんまろ | URL | 2013/03/05 (火) 07:34

あんまろさん

あんまろさん。こんにちは。
どうもありがとうございます!

下手な文章なのに、わかっていただき嬉しいです。
先生は、私に「もっと感謝の気持ちを持ちなさい」ってことを言ってくれたかったのかも知れないですね。
でもなかなか素直に聞けませんでした。
幸せって自分で感じるもので、人と比べるものじゃないことかなぁと最近思うようになりました。
どうもありがとう!あんまろさん。

あすを | URL | 2013/03/05 (火) 12:35

コメントを書く

装飾
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プライベートモード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。