スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ムーミンに学ぶ

2013/08/21 (水)  カテゴリー/気持ち

びんちゃんは、また朝早くに出かけていきました。
いつもご苦労様です。

色々思うこともあるし、
結婚して何年も経つのに理解不能だらけだし、
イライラしたり、ションボリしたり。
びんちゃんへの 悩み事は尽きないけれど
それでもやっぱり愛しい人なのかも知れない。
ありがとう。と思うことの方が多いかも知れない。

あんまり優しくしないでほしいよ。
いつも自分勝手でいてよ。
いつか来るサヨナラがますます恐くなるじゃん。

☆★☆
あのね。
私も、カフェベローチェでひとりでこっそり泣いたことあるよ。
乳がん告知された日。あれも夏だったな。
周りのみんながやたら幸せそうに見えた。

不妊治療の帰り道。
某駅のスタバでもひとりで隠れて泣いたな。
涙が止まらなくて、電車から見る夜景も滲んで見えた。
私だけが不幸のどん底みたいな気持ちだった。

あの頃より今の方が出来ないことも多いし、
ハゲだし痛いとこだらけだし、
圧倒的に厳しい現実であることは間違いない。
それでもあの頃より今の方が幸せを感じる。
あの頃みたいなひとりぼっち感がない。
みんなと出会えたおかげだって素直に思う。
びんちゃんとも向き合えたって気がする。
カフェの片隅でこっそり泣いた時期があるから
今をありがたいと思えるのかも知れない。

早くリセットしたかった人生。
離れたくて仕方なかったびんちゃん。
おかしいなぁ。
それなのに今は未練タラタラ。

そうちゃんが読んでた「ムーミンのともだち」って本。

チューリップの球根を、寒い時期に地面に植えるのは、
球根に寒い冬を教えないと、春が来たことがわからないから。
寒い冬をじっと土の中で過ごすから、春にきれいな花が咲く。
蝶のさなぎは寒い冬を一人で越すことで、春に立派な蝶になる。
そう書いてあったよ。

そしてもう1つ。心に残ったのはスナフキンが作った歌。

♪ぼくの友達 すてきな友達
いつも一緒じゃないけれど 会えないときがあるけれど
そんなときこそ思い出す 遠いときこそ近くなる
ひとりでいるから わかるんだ♪
8211.jpg
名曲ですな〜。ってどんな曲やねん?

そうだね。
大好きなみんなとは毎日は会えないし、
会えない日の方が多いけど
会えないときこそ近くに感じるよね。

これも孤独だった時期があるから、
みんなのありがたさがよくわかるのかも知れない。

私にとっての本当の意味での春がなんなのか。
いつが春なのか。
正直わからない。
きっと今が春で、また冬が来るってこともわかってるけど。
その冬は、また次の春を迎えるために必要なんだよね。
でも私に次の春は来るのか?なんて考えたりもする。
人から見たら「これで春?」って感じかも知れないけど
私にとっては、とってもあたたかな日射しに包まれている春。
どうしたらこの春が少しでも長く続くんだろう。

春が暖かければ暖かいほど、冬を辛く感じるかも知れない。
それでも、愚かな私は今のあたたかさをもっともっと感じたいと願う。

8212.jpg
お水あげたら喜んでた!

この暑い真夏に、なんで春だの冬だの言ってんのかな?私。
季節感なさすぎ〜^^;
関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2013/08/22 (木) 11:32

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2013/08/22 (木) 14:56

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2013/08/22 (木) 19:47

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2013/08/22 (木) 23:23

コメントを書く

装飾
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プライベートモード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。