スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月の思い

2015/09/29 (火)  カテゴリー/気持ち

今月は、なかなか辛い日が多く
何度も何度も心がくじけた。

でも、私、幸せだよなーって思うことがあったの。
ずっと会いたいなと思ってた人が
わざわざ時間作って会いに来てくれるって。
約束しちゃったー。
泣きそうに本気で嬉しい。

「ありがとう」より嬉しいときは、なんて言えばいいんかな?

先々週も、遠いのに友達が病院まで来てくれたし。
なーんだ。
くじけるようなことより、嬉しいことの方が多いじゃん。
そう思ったんだよね。

こんな嬉しさは、何よりものお薬になる。

いつか私も誰かのお薬になりたい。

だから、まだまだ。
頑張れ。わたしのからだ。こころ。

h9290.jpg
幸せのお粥 ホタテ味 んまっ




スポンサーサイト

スーパームーン

2015/09/28 (月)  カテゴリー/日々の事

テレビもネットもお腹いっぱい。

福山さんが結婚しちゃったら
ここ2〜3日の悲しいニュースはなかったみたいになっちゃってさ。

ヒーフーしながら、何度もベランダに出てみたよ。
ちょっと雲が多いかな。
きれいに見えたよ。スーパームーン。
真っ暗な夜空を照らしてくれるから、ついていこう。

ひとりじゃないよね。
大丈夫。

h90281.jpg


川島なお美様

2015/09/25 (金)  カテゴリー/日々の事

川島なお美さんがお亡くなりになりました。

今、びんちゃんから聞いて
思わず泣いてしまった。
泣いた私を見て、すっげーびっくりしてたけど。

私が高校生の頃、青学出身のミスDJとして活躍されてて
大の憧れのお姉さんだったんだよ。
聖子ちゃんと同じくらい大好きでした。
大学生になったら、私も髪をストレートに伸ばすんだ!と
男の子みたいな色黒水泳部あすをは、いつも思ってたんだ。

あの頃の川島なお美さんの歌なら、
今でも歌えるくらい何回もLPを聞いたの。
「お笑いマンガ道場」で描くかわいい漫画も好きでした(知ってる?)

だから「私の血液はワインで出来ている」とか
おかしな言うような人になっても
私はどうしても彼女を嫌いにはなれなかったの。

詳しいことは何もわかりませんが
昨日から悲しいニュースが多すぎる。

だって、だって、ついこの前までテレビに出てたよ?
どゆこと?





あすをのことなんて知らないに決まってるけど
おいていかないでほしかったよ。
きっと復帰するって思ってたよ。

がんって怖いよ。
「どうせ死ぬなら、がんがいい」って言ったの誰だっけ?
こんなに急につれていかれたら、何もできないじゃん。

私も?私も同じかも知れないよ。
本当に、いつどうなるかわからないんだね。
気が狂いそうに、怖くて悲しい。


川島なお美さま
色黒でチビな田舎の高校生は
あなたに心から憧れてました。
あなたのようになりたいと願っていた私の高校生活は
とても楽しくキラキラと輝いてました。
ありがとうございました。

お疲れ様でした。
ご冥福をお祈りします。




続きを読む

2泊3日の旅

2015/09/23 (水)  カテゴリー/日々の事

少し前のことになりますが。

9月某日。
またまた我が家のジャイアンが勝手に予約をとっていて
箱根の温泉に行ってきました。

夏休み、1日もお休みがなかったから、
温泉でのんびりしたかったんだと思う。


箱根の素敵な旅館に2泊。
お部屋にも、源泉掛け流し露天風呂がついていたので
私も堪能できました。

と、言っても、ヒンケッツーに襲われている最中のこと。
「支度するのも辛いよー」って半分泣きそうな気持ちだったけど
「安静にしてるように」と言われていたので
お部屋で寝ていればいいかな?と思って
思い切って行っちゃった。
家にいると、なんだかんだ動いちゃうから、
タブレットと本をたくさん持ち込んで。

お昼過ぎについた旅館は、素敵なお宿でした。
お部屋も広くてきれい!

お料理も豪勢で、とーってもおいしかったけど
半分くらいは、びんちゃん行きでした。
おいしくて上品で大満足の食事だったけど
びんちゃんの「食べろ」「食べろ」攻撃は
ちょこっと拷問のようでした(笑)
でも彼なりのちょっとずれた優しさなんだと思うしかないわけで。

翌朝も豪華な朝食のあとは、
惰眠をむさぼり、午後になってお天気がよくなった頃に
「少し観光しよう」と芦ノ湖と箱根神社までドライブ。

h9022.jpg


h2923.jpg
お願いごとを書いて、お水で流すよ。

母が亡くなってまだ1年経ってない。
他の神社にお参りいっていいんだっけ?
自信がなかったので、電話で問い合わせて聞いてみました。
「お気持ちが大事ですから、気にせずお参りされていいですよ」と言ってくださり
安心して、お参りできました。

ヒンケッツーに襲われていたせいか、忘れ物が多く、
カメラも持っていくのを忘れたアホな私。
ちぇっ。スマホで撮りました。残念!

箱根神社は階段もあり、息切れが本当にきつかったけど
ゆるやかな坂道の近道があったので、そちらからゆっくり歩いて行きました。
本当は厄落しと言われる89段の階段があるのですが、
とてもとても無理。

気持ちをこめて、ゆっくりお参りしました。
みんなの分もお祈りしてきました。

おみくじは「大吉」
「病」は「治る」だったよ。バンザイ!

遅めのランチにおそばを食べて、とんぼ玉作りに挑戦したり。
短めの観光だったけど、楽しかったよ。

h9241.jpg
コレって紫陽花?

2日目の夕食は勿論、前日とは違うメニューで。
これまたすっごくおいしかった!
2日目の方がたくさん食べられたかな。
勿論、半分はびんちゃん行き。
季節の地のものをいただくって、幸せなのね。

「しんどいなー」なんて思ってたけど、来てよかったなと思いました。
疲れちゃうから、朝は温泉はやめておくつもりだったけど
やっぱり入っちゃいました。ん〜。気持ちよかった。

h09676_20150923213046fcd.jpg


3日目は帰りながら、鎌倉の上行寺に。

昨年、びんちゃんの病気がわかったとき、
友達がわざわざこちらに来てお守りをもらってきてくれたのです。
びんちゃんが「お礼に行きたい」と言うので、
びんちゃん用のお守りと、私も以前から持っていたお守りを持って。

ご住職がいらっしゃって、色々お話をしてくださいました。
身体が弱っていたときだったせいか、
聞いていたら自然と涙が出てきました。
びんちゃんが回復のお礼を言ったら、
その大きな身体をポン!と叩いて
「あんたは病気には見えないよー。大丈夫!大丈夫!」って。
泣きながら笑っちゃった。
お守りにもう一度気を入れていただいて、
お守りを貰いにきてくれた友達のこと、
一緒に歩いてるみんなのことをもう一度心からお祈り。
明るい気持ちで帰ってきました。
また行けたらいいな。

鶴岡八幡宮にも行きたかったのですが、
今の私には、ちょっと無理だなと判断して諦めました。

鎌倉の街をおじいさんとおばあさんにも追い越されながら
ゆっくりゆっくり散策。
途中でカフェに入ったり、2日連続お蕎麦ランチを楽しんで
ひさしぶりに仲良し夫婦を装ってきました。

h9261.jpg
途中で食べた「わらび餅」メチャうま〜♪


正直、しんどいから家で寝ていたいと思っていたけど、
結局行くといつも楽しいから、まぁいいか。
海沿いの道のドライブも楽しかったです。

少しは外の空気も吸った方がいいもんね。
って、いつも騙されてる気もするけどさ。
でもホントに楽しかったよ。
ありがとさん。



転院しました

2015/09/19 (土)  カテゴリー/乳がん

相変わらず「ヒンケッツー」に襲われている私ですが、
実は実は、私、転院しちゃいましたー。

治療をあきらめての転院じゃないよ。

転院は決まってたんだけど、タイミング的にはもう少し後の予定でした。
でも貧血になったことで、色々思うところあり
転院を少し早めてしまいました。

前から、今後の治療について
主治医から納得できる答えがもらえなくて。

私の患者力が足りないのが一番の原因なのですが、
「質問すると嫌がられる。答えてくれない」のが辛かった。
私がしたい治療をしてほしいということではなく、
納得いく説明をしてほしかったのです。

周りの友達は4月くらいから「セカオピ行きなよ」って
ずっとずっと言ってくれてたのに
のんびり屋で面倒くさがりの私が実際にセカオピに行ったのは8月になってから。
ブロ友さんにも色々相談させてもらいました。
そのときに行った病院で、転院を受け入れてもらったのです。

主治医のやり方、治療方針を否定はせずに(これが一番信頼できました)
それでも、私の希望を叶えるために、色々な提案をしてくれ
その場で転院を受け入れてくれました。

ただ、まだ抗がん剤中だったので、その薬が終わったら転院しよう。
一応、主治医への筋も通せる。
そう思ってました。
それは、既に今までの主治医にも話してありました。

が!
8月31日の貧血騒動で
心と身体が、どうしようもなく今までの病院行くことを拒否してしまいました。
そして
転院先の先生のところに駆け込んでしまいました。

今の先生は、鉄剤と食欲増進するヒスロンを処方してくれました。
鉄欠乏が直接の原因の貧血ではないが、元々貧血傾向なので飲んでみましょうと。
ヒスロンについては、食べないと何の治療もできないからって。
本当に、こんな少しのことで患者の気持ちって違うんです。
私みたいに暗示にかかりやすい人間は、何故か急に食欲も出てくるってもんです。
「ヒスロン、以前効かなかったけど」って言ったら
「目的が違うからいいんだ」って。

で、相変わらずヘモグロビンの値は低いけど
抗がん剤はできるだけの数値はあるとのことで、
そのまま続けることになりました。
「せっかく効いてるから、途中でやめない方がいい」とのことでした。
「耐性ができてなければ、また使うこともできるが、
その時にまた同じように効くかどうかはわからないから」って。
うーん、確かにそれは勿体ないね。

疑問に思うことを素直に質問できるので、もうそれだけで全然違う。
以前の主治医に命を助けていただいて、
それは心から感謝しているのだけど
ご機嫌伺いの診察は、治療よりも憂鬱でした。
不義理をしてしまったことは、心から申し訳なく思います。

ずーっと「セカオピ」「セカオピ」って言い続けてくれた友達。
背中を押し続けてくれてありがとう。
ブロ友さんにも色々聞いてしまったけど
嫌がらずにいろんなこと教えてくれてありがとう。

「話しやすい先生だから、気持ちが全然違うよー」って
びんちゃんに話したら、珍しく「それが一番だよ!」って話に乗ってきた。
彼もわかってないなりに「病院、変えれば?」と言ってくれてた一人。

今までの病院より、ちょこっと遠くなっちゃったけど、
まぁ何とかなるでしょう。
先日は、友達がわざわざ来てくれたの。
「時間もハッキリしないし、待たせるだけになっちゃうよ」って言ったのに
「顔を見るだけでいい」って。
ありがたすぎました。

この日は色々教えてもらったブロ友さんとも
ラッキーなことに会うことができました。
今度はゆっくりおしゃべりしようね。

こんなこと思うのは照れくさいけど
「みんなに支えてもらって生きていられるんだな」って
この歳になって素直に思うよ。
私一人だったら、ブチブチ言いながら、今までの病院に通い続けてたと思う。
いつも、みんなに対して
私が逆の立ち場だったら、ここまでできるかな?って思うんだ。
遠いのに病院まで来てくれたり、
身体のこと心配して、食生活のアドバイスくれたり。

転院したことが、結果的にどう出るのかわからないけど、
少なくても「後悔」して死んで行くことだけはないような気がします。

妹のために、もうちょっと頑張りたい!
そう思っているから、妹も喜んでくれてよかった。

ヒンケッツーと、久しぶりの抗がん剤に撃沈中だけど
でも大丈夫!
そのうちまた回復するでしょう。

遠回りばかりしてるかも知れないけど、競争じゃないからそれもいいよね。
のんびり歩いていこうと思います。

我が家はシルバーウィーク関係ありませんが、
連休中の皆さんは、思いきり楽しんでくださいね。


今さら、新しいスタートを切ったグズグズおばちゃんですが
少しでも長くゆっくり楽しく歩いていこうと思います。

ダラダラ長くてすいません。
読んでくれてありがとう。


怪獣「ヒンケッツー」

2015/09/06 (日)  カテゴリー/副作用

先週から私を襲っている恐ろしい怪獣がいる。
その名は、怪獣「ヒンケッツー」
そう。貧血。

貧血を侮るなかれ。
ちょっと動いただけでゼィゼィ。
心臓バクバク。
家の中の移動でさえ困難。

もうこれは最後だと覚悟したもんね。
しゃべるのも、辛いの。

先週の通院日は、とてもじゃないけど一人で病院に行く自信がなく。
でもびんちゃんは本番日。
妹子も夏休み最終日で、どうしても外せない予定がある。
「明日じゃダメですかー?」
病院に電話してみたけど「症状が出てるなら、今日来て下さい」と言われる。
あぁ。無情。

病院でも一人でいる自信がない。
友達の顔が浮かぶ。
つきあってもらおうかな。
でも、、、、夏休み最後の日だもんなー。
さすがにそれは悪いなぁ。よしなんとか頑張ろ。

仕方ない。タクシーで最寄り駅まで。
びんちゃんには「タクシーで病院まで行けよ」と言われたけど
さすがにそんな贅沢はできませぬ。
電車は座っているだけなので、何とかなるだろ。
エレベーターもあるしね。
病院の最寄り駅からまたタクシー。
歩いて5分なのに!
でも、こういう時こそ、タクシー活用しなくちゃね。
無頓着なだんなさんでよかった。

具合悪いって電話したわりには、いつもと同じで2時間以上放置。
でもじーっと座ってるうちに少しずつバクバクが落ち着いてきた。

肺に水が溜まってるのか。ついに心臓か。。。。
採血して、レントゲン撮って。
CTも撮ってと言われ。。。
ドキドキは絶好調。
不安で不安でどうにかなりそう。
でも酸素は98で平常。
ただし、脈拍は140とすごいことに。
肺より心臓だな。。
泣きそうな気持ちを抱えてじっと待つ。

ドキドキの診察結果は「貧血」
先生は、赤血球とヘモグロビンの数値を見ていると言ったけど
ホントかなー?
白血球しか注目してなかった気がするよ。
だって家に帰って、今までの検査結果見たら、
2週間前から同じ数値だったもん。
だから先週、「しんどいから休みか減薬にして」ってお願いしたじゃん。

昔から「貧血」とは言われたから、
血液検査で「貧血」って言われてもあまり気にしてなかったの。
無知な私は白血球ばかり気にしてたけど
抗がん剤の副作用には、貧血もあるんだよね。
だから、ちゃんと赤血球とヘモグロビンも見ないとダメだね。
ちなみにこの日の私のヘモグロビンは7.5。
思いきりLOWである。
先生も毎回「ちょっと貧血ねー」で終わらせたけど、
ちょっとどころじゃないと思う。

その数値だけじゃ決められないって先生は言うけど
こんだけ苦しい症状も出てるんだし、何か対策はあったんじゃないかな。

この日は勿論、抗がん剤はお休み。

夕方は、本番終わりのびんちゃんが迎えに来てくれて車で帰る。
その頃は朝よりは少しヒーフーがおさまってたけど
それでもまだまだ苦しい。
もうヨレヨレのおばあさん状態。
「病院までよく来れたね」ってびんちゃんもびっくりしてました。

「貧血にはレバーでしょ」ってことで、
帰りに焼き肉屋さんに行っちゃった。
お野菜にマキマキしながら、レバーやらカルビやら。
やっぱり血や肉になるものを食べないとダメだなーと実感。
びんちゃんと2人で夕飯も久しぶり。
たくさんは食べられなかったけど、満足満足でした。

翌日からも大変。
お風呂入るのもひと苦労。
掃除どころか洗濯もできず、ひたすら寝る。寝る。寝る。
オーバーじゃなく、ちょっと動くと息切れするの。
びんちゃんが、鉄分の入ってそうなものを色々持ってくるけど
食べる元気もなく。。。
食べるという動作にも体力が必要なのね。

肩凝りもいつもの何倍もひどく、あっという間に湿布がなくなる。
血の巡りが悪くなるわけだから当然だよね。
あと厄介だったのは、耳鳴り?
ドクンドクンって音がずっと耳の中で聞こえてる。
んもー。先生。
貧血は気付いてくれないし、湿布はくれないしぃ。
ベッドの中で涙が出てくる。

あぁ。もうこのまま動けないままなのかな。
この前お誕生日迎えたばかりなのにな。
何度も何度もそう思った。
薬飲まなくちゃと思っても、薬のとこまで歩いて行くのがしんどい。
トイレに行きたくても、起き上がるのがしんどい。
本当に不安な不安な1週間だった。

一昨日くらいから少し改善してきたのか、
家のことが少しできるようになりました。
まだまだヒーフー言いながらだけど、光が見えてきたよ。
憎っくき怪獣「ヒンケッツー」め!
こいつにやられて、最後は怪獣「グースカ」になる私。
でも「グースカ」の方がまだ可愛げもあるよね。

少し元気になってきた私を見て、びんちゃんが早速「映画行こうぜ」と言い出す。
こいつには「安静」の意味がわからないのか?
「家に籠ってるより、少しは外の空気吸った方がいいよ」
自分が行きたいだけだろ?ってバレバレだけど、
この人は本気でそう思っているところがある。
映画なら、車で行って、座ってるだけだからまぁいいか。
ずっと寝てると筋力も落ちるしね。
そう思って行ってきました。「ジュラシックワールド」
びんちゃんは前3作も見てて、ずっと見たい、見たいって言ってたの。
私はお恥ずかしいことに前3作、全く知らない。
恐竜と人間のほのぼのストーリーだと思ってたら、、、、、。
もう、怖くて怖くてぎゃあぎゃあ言いながら見ちゃいました。
心臓によくないよー。
あとからびんちゃんに話したら、
「えー。そこまで知らない人、あんたぐらいだよ」と言われてしまった。
そうなの?

怖かったけど、おもしろかったよ。
家で大人しくしてるべきだったかも知れないけど
まぁいいや。

ずっと前から、ヒーフーしてたのは、貧血が原因だったのかな。
CTの結果は、胸壁のしこりは見てわかるぐらいしっかり縮小してました。
先生は、続けると言うけれど
貧血がよくなるまで、抗がん剤はお休みしたいです。

私みたいに無知な方はいらっしゃらないと思いますが、
抗がん剤投与中の方は、白血球だけでなく、赤血球とヘモグロビンもよく見てね。
ちょっとでもおかしいと感じたら、すぐ先生に言いましょね。
恐ろしい怪獣「ヒンケッツー」に襲われませんように。

今日はずっと心配してたことが晴れて、すごくうれしい1日になりました。
みんなが最善の道を歩けますように。




キャッチボールな日々~夏休み編

2015/09/02 (水)  カテゴリー/日々の事

私の夏休み。。。
って、毎日が夏休みの私ですけどね。

今年の夏は、倦怠感がすごくてずっと家にいた気がするけど。。。

実は実は、意外と遊びにいけてたなと思います。

そうちゃんたちとムーミンの映画を観に行ったし。
2月に行けなかった「ムーミン」の映画。
地元の映画館で公開してくれたのです。
そうちゃんもけんちゃんも、最後まで大人しく観ることができたね。
ムーミンの絵もキレイで、お話もおもしろかったね。
大事な大事なこと教えてもらえたよね。

ラムさんとランチ行ったり、
通院日にはよく病院に来てくれて、
ある日にはちょっと早めの誕生日祝いもしてくれたし。

haruちゃんが会いに来てくれて、いろんなお話したし。

長野から友達が上京してくれて、束の間の逢瀬。

以前の飲み友達と久しぶりに会ったら、
いつの間にかパパになってた!
嬉しくて泣いちゃったよ。

地元の友達は散らかり放題の家に来てくれたしね。

「来年も着るでしょー」って
セールで夏服も買った!

妹子たちも様子を見によく来てくれたし、
そうちゃんたちは、うちでお風呂に入って大喜びしてくれたし。

何と言っても、たくさんの方におめでとう!って言ってもらった誕生日。

身体はなかなか辛い夏休みだったけど
振り返れば楽しいことがたくさんあったな。
すべて、私一人ではできなかったこと。
人生って、キャッチボールだなとつくづく思う。
人は、誰かとキャッチボールしないと生きていけないんだと思う。

夏休み、たったの1日もお休みがなかった我が家のだんなさん。
結婚後、私の夏休みにびんちゃんの影があることはほとんどないけど
今年は見事に1日もなかったね。
そういえば、結婚式記念日もお互いに忘れてた。
でも、完治したとは言え、
術後半年も経ってないんだから気をつけてほしいものです。

うーん。
私が一番キャッチボールできてないのがびんちゃんだったりして〜(笑)
まぁ。そういう夫婦もいるってことで。

これからも、みんなと約束していることがいくつもある。
体力つけて、約束、叶えなくちゃね。

みなさん。キャッチボールの相手してくれてありがとう。
これからもどうぞよろしゅう。

8月終わりに書いてたのに、
ちょっと体調不良になって、そのまま放置。
いまごろ更新するおマヌケさんでした。

あー!ショックなことが!
副作用なのかな?
味覚障害ではないんだけど、
あまあまとパンが好きじゃなくなってきた。
食欲ない上に、あまあまもおいしくない。




プライベートモード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。