スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

通院日

2015/08/25 (火)  カテゴリー/副作用

誕生日翌日の一昨日は、憂鬱な通院日でした。
それでも昨日は、だいぶ涼しかったので通院もいくらか楽でした。

主治医に「今年も無事に歳をとることができました」と報告。
先生も喜んでくれました。
まぁ、色々ありますが、先生のおかげであることには間違いないものね。
ありがとうございます。

「ずっと抗がん剤を続けてきたので、少し休みたい気もします」と話してみましたが、
今はしこりも目に見えて小さくなっているし
マーカーは横ばい状態で、少なくても効いていると判断できる状態だそうです。
その状態で、お休みすることにメリットがあるとは思えないし
せっかく効いているのだから、
休んで違う治療をするよりも継続する方がいいと思うとの事でした。
耐性ができてやめるわけじゃなければ、また使うこともでいるけど
やはり抗がん剤は少しでも体力がある時じゃないとできないわけで。。。

そういうことで、いつもの量、投与してきました。
白血球が14000もあったので、
先週の熱は抗がん剤の影響ではなく、風邪だったかも知れません。
てか、高すぎでしょ?白血球。
高いときは気にしなくていいのかしら?

そーいうこと全部、
終わってから疑問に思うのよね。
でも今日はあまり倦怠感もなく過ごせています。

病院帰り、スーパーで買い物してしまい、
スーパーから家までの5分の距離が
とてつもなく遠く感じる。
ヒーフー泣きべそかきつつ、やっとこ家に着きました。

そしたら、ポストにバースディカードが!
わーい。嬉しい♡
昨日もかわいいプレゼントいただいちゃったの。
ブログを読んでくれた方からLINEやメッセージもいただき、
ご褒美もらった気分になって、疲れも吹き飛びました。

こんな病気になったからだと思うけど
誕生日を迎えられることはとても嬉しい。
私たちにとって、誕生日って特別な感慨深い日だから。

お祝い催促みたいなブログ書いちゃってすいませーん。
でもホント、すっごくすっごく嬉しかった。
ありがとうございます。

n8241.jpg

さて、唇についているのはなんででしょう?

ラムネじゃないよ。
口内炎に貼るお薬なの。
貼ってそのままにしておくと、いつのまにか薬成分が吸収されてなくなります。
貼ったら触っちゃいけないんだけど
気になって、ついつい触っちゃう^^;
今は色んな薬があるのね〜。

病院帰りに見つけた七変化。
この色もかわいいよね。
七変化好きな彼女も見てるかな?

m8242.jpg


。。。。調子いいなんて書いたけど
夜になって発熱。
39℃超えだったので、慌てて病院に電話しました。
17時までと、副作用相談のためのホットラインがあるんだけど
でも夜だと、当直の先生しかいらっしゃらないの。
「抗生剤、飲んで下さい」とあっさり言われ、
2週続けての抗生剤生活になりました。

でも今は、36℃台をキープ。
また夜にあがるのかな。



スポンサーサイト

誕生日

2015/08/23 (日)  カテゴリー/日々の事

夏休み残り1週間の今日。

今年も無事に誕生日を迎えられることができました。

転移して4回目の誕生日。

bb 8231


お昼過ぎ。
妹子たちが、たくさんのパーティグッズとケーキを持って来てくれた。
三角帽を被って、胸に大きな蝶ネクタイつけて、
そうちゃんの音頭で、クラッカーを連発!
そうちゃんとけんちゃんが「Happy Birthday」を歌ってくれて
キャンドルの火を吹き消しました。

b823.jpg


ありがとうね。おばちゃん泣きそう。
夕飯には、仕事帰りのナッキーも来てくれて
みんなで、ピザ!
久しぶりに大勢で食べるご飯はおいしいね。
口内炎に沁みて、沁みて、ちょびっとずついただきました。

また今年も主治医に、誕生日を迎えられたお礼を言おう。

そして。。。

ママ。また1つ歳を重ねることができたよ。
私を産んでくれてありがとう。
今は素直にそう思えるよ。
助けてくれる人がたくさんいるよ。
だから、もう少し頑張るよ。

心の中で、母に話しかける。
きっと、あの笑顔で喜んでくれてたね。


いつもありがとうございます。
明日からも何も変わらないけど、
謙虚に、なんとか、真面目に適当にがんばっていきまーす。

今日、友達にいただいた言葉に、とても素敵な言葉があったので
みなさんにもおすそわけ。

「Many happy returns of the day」

これは「くまのプーさん」のお話に出てくる言葉で
イーヨーのお誕生日会でプーさんたちがイーヨーにかけたお祝いの言葉で、
阿川佐和子さんが素敵に訳したそうです。

「今日の佳き日が100万回訪れますように」

阿川サン、ブラボー。


さぁ。問題はびんちゃんが、もうすぐ12時になるのにホールケーキを買ってきたこと。
やっぱり、どこか残念な男だわ。
  ありがとさん




捻くれたキモチ

2015/08/22 (土)  カテゴリー/気持ち

やっと、月を見る余裕がでてきました。

明日が半月。
「上弦の月」
拓郎の「旅の宿」だね。(歳がばれる〜)

そう。ちいさい頃は、
大人になれば、あんなふうに愛されて
あんなふうに艶っぽい日々が送れるんだと思ってたな。
ところが!
現実には、おでこに冷えピタを貼り、ヒーフー言う毎日。
隣にいるのは、愛とは無縁のワカランチン。

ハーフムーン1日前の今日は
熱はすっかりさがったけれど、やっぱり身体が疲れていたみたいで
ほぼ1日中寝倒してしまいました。
熱があるときより、ぐっすり熟睡。

「よく寝たなー」とリビングに来てテレビをつけたら
あら!今日は24時間テレビの日なのね。
私がひねくれているのかも知れないけど、
「かわいそうな子はいないか?」「苦しんでる人はいないか?」って
テレビ界の生ハゲみたいな番組に思える。
勿論、ここで報道されることで注目してもらえて
寄付金、義援金が増えることになるならそれは素晴らしいことなんだけど。
それは1日限定で24時間通してやらなくても、
毎週1時間ずつじゃダメなの?
今回のドラマもまた亡くなる人の話なんでしょ?
それになんで、この暑い中、マラソンさせるかな?

私が中学生か高校の生の頃、
「女ののど自慢」って番組があったんですよ。
素人の女の人ののど自慢なんだけど
のど自慢に入る前に自分の半生を振り返るの。
そこだけで観客の皆さんも大号泣。
お気の毒なぐらい大変な思いをされた方が
「今、元気に歌を歌っている」ってとこがコンセプト。
最初に観客の方が審査の数字をいれて
最後に審査員のおじさまたちが数字を入れるんだけど
不幸エピソードたくさんの方は、
歌があまりお上手じゃなくても
観客審査員だけで合格点に達することが多く。
特に不幸エピソードがなく、
「孫たちに囲まれて幸せです」というようなお若く見えるおばさまは
どんなに歌が上手でも観客からの数字が入らない。

びっくりして母に「何?これのど自慢じゃないじゃん!」って言ったのを覚えている。
「何なの?この不幸自慢」って思っちゃった。
母は「残念なことだけど、世の中はこういう側面がある」というようなことを言った気がする。
「やだ!もう見ないでよ!」ってチャネルを変えた気がする。

時々「まだあのテレビ、見てるんじゃないでしょうね?」と言うと
「もう見てないよ」と笑ってたけど、どうだったかな(笑)

あ。話を戻して24時間テレビ。
小学生の頃は、純粋に貯金箱のお金を募金したりしてたけど
今は「他人の不幸は蜜の味?」って思っちゃう。
あ。障がいを持った方や病気の方が不幸という意味ではありません。
局側の意図がね、そう思うってことです。
何か挑戦する子供たちの姿はやっぱり心から応援したくなる。

私も転移したがんを患って、
まぁ、ヒーフーするぐらいで元気だけど
残念ながら、
やっぱり興味半分、好奇心半分で近づいてくる人はいる。
最初は全然気付かないんだけど、
やっぱりどこかで気付いてしまう。

ま。そんなわけで私は今年も24時間テレビは見ないけれど
「元気もらいました」
「感動もらいました」
そう素直に思える心も取り戻したい気はする。

24時間テレビを見て、元気貰った人、
感動もらった人、勇気もらった人。
どうか、今日1日だけの感傷にしないでほしいと願う。


t822.jpg



どら焼きの謎

2015/08/21 (金)  カテゴリー/副作用

月曜日。まだ37.5℃という微妙な体温だったので
病院に電話して、やはり抗生剤服用の指示を受けました。
シプロフロキシサンとオーグメンチンという2種類。
ロキソニンも併せて服用。

抗生剤を飲めば熱はさがると思っていたけど、
その後、熱はどんどんあがっていき、
ビビリーな私は本当にドキドキ。

翌日の日中になると37℃に下がり、
36℃台の平熱になることもしばしば。
でも夜になるとまた熱があがっていく。

どういうこと?
冷えピタはすぐにカラカラになっちゃう。

病院に電話してみたら
日中、熱がないなら、もう少し様子みて大丈夫。
熱は夜になるとあがるものだからって。

ホントかよー?って思ったけど、雨も降ってたし
「病院来て下さい」って言われても困るしね。
3日間、ひたすら寝て過ごしました。

熱がないのに頭が痛い偏頭痛の場合は
ロキソニンじゃ効かないんだって。
これも友達に教えてもらい、家にあったバファリンも飲んでみた。
今年の夏は家にいることが多かったから、
エアコンに当たり過ぎてて、少し冷房病気味だからね。

そんな試行錯誤?ひとり相撲?を繰り返し
ようやく、今日は少しスッキリした体調になりました。
バファリンのおかげで偏頭痛もなし。
熱も平熱。
だいぶスッキリしてきました。

熱が出た当日、びんちゃんに
「熱が出ちゃったから、ポカリ買って来て〜」とお願いしたら
ポカリと一緒に色々買ってきてくれたんだけど
その中に、何故か「どら焼き」があった。
熱があるのにどら焼き?
そしたら、びんちゃんが
「とにかく何でもいいから食べろよ」と、そのどら焼きを私に差し出す。
「俺の見てる前で全部食べないと、食べるまで寝ないぞ」と脅してくる。

イヤイヤイヤ。39℃の熱があるとき、どら焼き食べられる人、
あんまりいませんから。。
普通、アイスとかゼリーとか食べたくなるでしょ?
そのとき、もう12時近かったので
「今日はもう遅いから、ゼリーにしておくね」と何とか逃げる。
セーフ。
なんで、どら焼きかなー。
なんなの?この人。
自分が食べたかっただけじゃねーの?

しかもさ、「なんでこの季節に熱出ちゃうんだろうね」とか言うんだよ。
もうガックシですよ。
ただ、最近の私の様子から
体調がよくないことだけはわかっていた模様。

びんちゃんがお風呂に入ってる間に
どら焼きたちをしまいました。
そして、どら焼き、よく見たら「栗どら焼き」って書いてあった。
。。。
そっか、、私が栗大好き女だから、栗どら焼きなら食べられると思ったんだね。
ちょっとずれてて相変わらず残念な男だけど、
「どら焼きの謎」が解けて、少しニンマリ。

でもね。体調が悪いときは、
もうちょっと妻の病状に関心もってほしいなーと思うときもあるのですが、
びんちゃんが知らんぷりの分、友達たちが心配してくれるのです。
これが本当にありがたいのです。

私がいなくなったときは、みんなでびんちゃんに抗議に行ってください。
「あんたの分、私たちが面倒見てたのよー」って。

今日は体調もスッキリしてきたし、食欲も出てきたから
栗どら焼き、いただこうかな。

次回の診察では、
多分、休薬になるか、減薬かな。
ずっと抗がん剤してるし、正直、身体が疲れてきました。
少しお休みしたいのが本音。
先生のご機嫌が悪くなるだろうけど、相談してみようと思います。


先週、唇を噛んじゃったんだけど、
それがまだ治らない。
白血球が減少してるから?
1度噛んじゃうと同じところ噛むよねー。
そのせいもあるんだろうけど、こんなに治らないの初めて。
ぷっくり膨らんでしまって
「ダメだこりゃー」の長さんみたいな唇になってます。

気持ち悪い写真なので苦手な方は見ないでね。
一応、ちょっとぼかしをいれて、ソフトにしてみました。
白くなってるところが痛いとこ。
沁みるんだよねー。これがまた。
こういうのも口内炎って言うのかな?





822.jpg


無駄にダラダラ書いてごめんなさい。
読んでくれてありがとう。



ダブルパンチ

2015/08/16 (日)  カテゴリー/副作用

うーん。
明日から休薬週だと言うのに。
夕方から発熱。
今週は1度も熱が出なかったのに。
白血球が底に来てるんだろうな。

37.8℃
いつも抗生剤を飲むまでにはいかない微妙な熱。
すぐに解熱剤を飲むと感染症の熱かどうかわからないから
しばらく様子を見てから薬を飲むように言われている。

「38℃以上になったら、抗生剤を飲むように」と指示されているけど
私みたいに、普段の体温が低い人も同じ条件でいいのかなぁ。
普段の体温は関係ないのかな?

ひとりは気楽でいいけれど、
こんな風に熱が出たり、具合悪い日は
どうにも孤独に感じてしまう。
「自由」と「孤独」は表裏一体。

びんちゃんが帰ってくる頃は、熱は下がっているから
私もわざわざ「熱が出たよー」なんて言わないけど。

「大丈夫?」の一言が魔法の解熱剤になったりするのにね。

今日も38℃以上にはならない感じ。
薬を飲むために、何か食べなくちゃ。
でも何をするのも面倒くさいし、食欲もない。
ひとりで葡萄を洗って食べる。
冷えピタをおでこに貼る。
すごーく一人ボッチな気がして、泣きたくなる。

大丈夫。大丈夫。
熱が下がれば、またひとりの生活を「ウシシ」って思えるから。

去年までは、抗がん剤中は蚊にさされなかったのに
今年は足だけさされまくり。
足まで抗がん剤が廻ってないのかな?
掻いたあとがなかなか治らず、血が出てかさぶたになってて、子供みたい。
これも免疫力が落ちてるせい?

今夜は、抗がん剤という毒と、コドクという毒のダブルパンチだ。
まぁ。こんな日もあるよね。

1日が長いよ。
早く寝ちゃおう。
明日からは、お楽しみの休薬週だもんね♡




8月12日に。

2015/08/14 (金)  カテゴリー/気持ち

本当は、8月12日に書きたかったんだけど。。。

副作用でヘロリンコだったり、
色んなグチャグチャした気持ちだったりで
当日は書けなかったこと。

30年前の8月12日は
日航機墜落の日。

あの日。私は友達と大磯ロングブーチで遊んでいた。
家に帰ってから、事故のことを知った。

あの事故についてのたくさんの本や資料は今も家にある。

あれからもう30年。

私なんかに語れることは何もないのだけれど。

ご遺族の方の30年を思う。

あるご遺族の方の「時間は優しく癒してくれるけれど
解決はしてくれない。
解決は一生しない」という言葉が響いた。

でも。でも。
語弊のある言い方になってしまうけど
「どんなに絶望しても、人は生きていける」ことも教えてもらってもいる。
事故で亡くなった方と私を同じに語っては申し訳なさすぎるが、
妹や主人に対してそう願っているから。
勿論、簡単な30年であったはずもなく、
「30年」なんて、周りが勝手に言ってるだけで区切りでも何でもないと思う。

8月は、命について思うことが多い月だと
以前から思ってた。
でも、転移してからは
よりいっそうその気持ちが強くなった。

明日は、終戦記念日。

今年からは母にも会える月にもなった。

そして、誕生月でもある。

ただただ、当たり前に大好きだった「8月」だけど。
今は、当たり前にやってくることわけではない「8月」だと知っている。

副作用のせいなのか、暑さのせいなのか、がんのせいなのか。。。
倦怠感がひどい毎日。
何を書きたいのか、わからなくなりました。

「私が死んだら悲しんでくれる人がいるから、もう少し頑張ります」と、
8月12日の19時少し前、黙祷しながら思いました。というお話でした。






ありがとう

2015/08/02 (日)  カテゴリー/未分類





プライベートモード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。