スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HAPPY BIRTHDAY

2015/06/30 (火)  カテゴリー/日々の事

私が小学校を卒業したとき、
卒業記念に梅の苗木をもらいました。

父は、家の庭にそれを植えてくれました。
いつの間にか、立派に育った梅の木は
毎年、白い花を咲かせ、
たくさんの梅の実をつけるようになりました。

母はこの時期になると、毎年梅酒を作っていました。
私たちが小さい頃から作っていて、
母が作るのを見ながら
宝石みたいな氷砂糖を舐めるのが好きでした。

その梅酒を、母はある頃から、
卒業記念の梅の実で作るようになりました。
親不孝な私は、当時はそんなことに全く興味もなかったので
いつ頃、梅が実をつけたのかも覚えていませんが、
妹によると、もうずーっと卒業記念の梅の実で作っていたそうです。
知らんかった。。。

母が最後に作った梅酒が今でも残っています。
母の梅酒です。
2013年もの(笑)

今日はみんなでケーキを食べて乾杯しました。
お花もたくさん飾ったよ。

そして、夜。
今、私は一人で母の梅酒を飲んでいます。

1年1年、私たちを見ていてくれた梅の木。
いつ頃から実がつくようになったのかわからないけど
きっと毎年、微妙に味が違ったんだろうね。
嬉しいことがたくさんあった年の梅。
挫折して辛いことがあった年の梅。
あの頃、もっともっとありがたい気持ちで飲めばよかったな。
私、1度でも梅酒を「おいしいよ」って言ったことがあったかしら?

背中に板が入っているように痛いっす。
1カ所、すごく痛いところがあります。
「RUN」というドラマで
入院していたオカマの源ちゃんが
高校時代に野球部で使っていたボールを
背中に入れていたのを思い出しました。
私も真似して、ちょっと固めのボールを
背中の痛いとこに当たるようにしています。
今もその状態で、梅酒チビチビしながらこれを書いております。
最近は睡眠導入剤を飲うようになったので、
本当は寝る前の梅酒はいけないのかもだけどね^^;

母の梅酒。
私には、最高の味と香りです。
カラン〜って、氷の音も好き。

6月30日。
6月最後の日。
今日は母の誕生日でした。
ママ。お誕生日おめでとう。

U6301.jpg






スポンサーサイト

残念な男

2015/06/16 (火)  カテゴリー/日々の事

びんちゃんの治療が一段落して
少しだけ安心。
ここで、心配かけた妻(?)にお礼とか言えるような
洒落た男じゃないとこが残念なとこである。

先日、その残念な男がニューヨークで仕事してたときの仲間たちが
お仕事のために来日してて
私も荷物のように彼の車に乗せられて
みんなと会ってきました。

私は久しぶりの再会だけど
みんな変わらず、楽しかった。

日本人の女の子とはずーっとメル友で
半年前に彼女が帰国したときも会いました。
彼女もいつもいつも眩しいくらいに輝いています。

夢を追いかけてて、それを実現しているみんな。
素敵だなぁと素直に思う。

あんまり体調がよくなかったので、
みんなを少し心配させてしまったけど
とにかく楽しかったなぁ。
英語での会話についていけなかったりもしたけど
それでもなんだか楽しかった。

私にはもう夢なんかないし、
夢を見ることも許されないと思った3年前。
でも3年もあったんだから、諦めなくてもよかったな。
実現することはできなくても
夢を見ること、追いかけることはできたもんね。
安室ちゃんの歌で
「夢なんて見るものじゃない。叶えるもの」って歌があったけど。。。
やっぱり私は
昔、何かの本で読んだ
「夢は叶えることより、見つけることが難しい」って言葉の方が好きかも。
ね?夢は諦めたら終わりだもんね。

「来年は○○の仕事があるから、観においでよ」
「うまくいけば、再来年、またこの仕事で来日できるから」って
先のことを笑顔で誘ってくれるみんな。

治療が思うようにいってない私は
悲劇のヒロインになったわけじゃなく、
現実的に「来年も再来年も、もう私。いないな」とふと思う。

笑顔で頷きながら、
こっそりと麻薬を飲む。

みんなの笑顔が眩し過ぎて、
どうして私だけこんなことになったんだろう?と思ってしまう瞬間。
どうして私にだけ未来がないの?
どうして私はこんな道を歩いているの?
いくら問うたところで、答えは教えてもらえないし
答えは自分の中にしかないのだけど。

楽しくて大好きな人たちなのに、
見えない壁を感じてしまう。
私もそっち側に行きたいよ。

でも違うかな。
あっち側に行けたとしても、私は変わらぬ人生を送ってただろう。
「どうして私だけ?」って言いながらね。

ちょびっと、びんちゃんがかわいそうになる。
この人、こんな奥さんをもらってしまって、やっぱり残念な男である。

「みんな、変わってないね」
「楽しかったね」
帰りの車の中、なーんにも考えてないふりして
残念な男と笑い合って帰った。
この残念な男も未来の話ばかりするから困ったものなのだけど。。。

真夜中の首都高は、工事中が多かった。
高層ビルの窓の灯りを見るのが大好き。

切ないけど楽しい。
楽しいけど切ない夜更かしの夜でありました。

それでもやっぱり、またみんなに会いたい。
楽しい時間をありがとう。



ずっとずっと先のお話

2015/06/10 (水)  カテゴリー/気持ち

母が私の年齢の頃、
私は21歳だった。
大学生の頃か。。。
多分、母が自分の父(私の祖父)を亡くしたぐらいの時だ。

とっくの昔にわかっていたことだけど、
そう考えると、私って本当に幼稚で未熟。

私、自分のことしか考えてないもん。

がん患者になったって、
命にタイムリミットができたって
僻んだり、羨ましがったり、いじけたり。
醜く淀んだ心は綺麗にならず。
くっだらないことで愚痴ばかり。
煩悩だらけ。
マックロクロスケは大きくなるばかり。

昔観たお芝居で
「好きな人のオバケならいいでしょ?」って台詞があったの。
確か、女の人が恋人の元にオバケになって現れるとかそんなお話だったかなぁ?
恋人は「オバケはオバケだからイヤ」って怖がるの。
あれ、堤さんだったような。。。。うーん。。忘れた。
内容は忘れたけど、その台詞だけは覚えてて。
私だったらどうかなぁ?って考えたことがあったな。
オバケは怖いけど、好きな人のオバケならいいかも!とか
意味もなく、ちょっぴり真面目に考えさせられた台詞だった。

でも気付いてみたら、自分がオバケになる側だったわ。
あの頃は、自分がオバケ側になるなんて想像もしてなかった。
(不謹慎な表現でごめんなさい)

ママのオバケに会いたいな。
「幸せだった?」って聞きたいの。
「ごめんね」って謝りたいの。
「ありがとう」って言いたいの。
教えてほしいことがあるの。
何でもいいから会いたいの。
でもドリカムの歌じゃないけど、
今は夢でも会えない。
んもー。どこで何してるのよ?

私がオバケになって、そうちゃんのとこに行ったら
恐がりのそうちゃんはビビリまくって泣くんだろうな。
けんちゃんも泣いちゃうかな。
けんちゃんは意味がわからないから
「あすちゃん!」って無邪気に来てくれるかも。
びんちゃんは絶対に相手にしないだろうな。
妹子とは涙の再会になるのかな。
「貸してた服、返してよ」って怒られたりしてね。

うーん。
お星様よりオバケになりたいかも。私。
オバQのQちゃんみたいに、
そうちゃんちの大飯喰らいになってやる。
びんちゃんとこには、時々行ってあげよう。
再婚したら、お邪魔はしないわ。
みんなのとこにも遊びに行くから怖がらないでね。
まぁたぶん、ずっとずっと先のお話。


DSC_1675.jpg

びんちゃんの病室から見たオレンジの海。夕焼け





3つのお願い

2015/06/02 (火)  カテゴリー/日々の事

先週、びんちゃんの手術が無事に終わりました。

大きな大きなジャイアンが
小さなベッドに寝てました。
手術時に履く白いハイソックス姿が昔の小学生みたいで笑えました。

麻酔から醒めたばかりで朦朧としてましたが
これが最後の手術。(じゃないと困る!)
よかったね。
経過は順調で、今週中には退院です。
今回はあっという間に感じました。

退院は嬉しいけど、先生や看護師さんとのお別れは寂しい。

今回のお部屋も、前回と同じお部屋です。
お部屋に入ったとたん、
あまり記憶になかった前回の入院時のことが
いきなり思いきり押し寄せてきて
心がギュッって苦しくなりました。

1つ1つのことを思い出すというより
あの頃の感情が、色や匂いや景色でいっきに蘇ってきた感じ。

あの1ヶ月のことは思い出したくない。
でも。
今回は、あのときよりずっと元気なびんちゃんがいる。
それが何より。

ありがとう。ありがとう。

私もかなり復活してきたような気がします。
ジェムザールは効いてないと思うけどね。
今月CTを撮るので、また何か変わると思います。

ジェムザールの副作用はあまりありません。
時々、37度台の熱が出るくらい。
初回は蕁麻疹が出ました。
投与中に血管痛がありますが、ホットパックで我慢できます。
1時間かかるので、投与中は寝てしまいます。
日々のどうにもならない倦怠感は、副作用なのか、ヤツのせいなのか?
でもマーカーがグイーンと上がってるので、ヤツのせいかな。
できたらもう少し、ジェム君とおつきあいできたらいいのにな。

神様は、そんなにたくさんお願い事ばかり叶えてくれないよなぁ。
あんまり叶えてもらったこともないような気がするけどさ。

そういえば、「3つのお願い」ってお話ありましたね。
ソーセージが鼻にくっついちゃうお話。
3つもお願いを叶えてもらえるなら、何にしようかな。
ソーセージが鼻にくっついたら困るから、よーく考えてからお願いしよっ。
みんなは何にする?




プライベートモード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。