スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

また会える日まで

2014/05/27 (火)  カテゴリー/未分類

昔、見ていた長渕剛のドラマの中で、
余命宣告されたオカマの源ちゃんが
主人公の剛に
「この世で出会った人とは、来世でもまた会えるの?」って聞くシーンがあった。
肯定した剛に
源ちゃんは「じゃあ私たちもまた会えるのね。今度は夫婦がいいわ。絶対」って言う。
私の好きな1シーンの1つ。
健康だった当時は、深く考えず
「そうだったらいいのになぁ」と思って見ていたな。

「前世」とか「生まれ変わり」とか「あの世」とか
難しいことはあまり考えたことないんだけど。
それでも「きっとまた会える」とは思う。

「今」こそが、前世から見た「来世」なのかも知れない。
だから私たちは、今も「また会えた人たち」に囲まれているのかも知れない。
そして、また次の世界で、今愛してる人たちに会うんだ。
お別れは、大きな意味で「卒業」なのかも知れないね。
だから「じゃあね」ってバイバイしよう。

不謹慎だけど。。
友達の訃報がこんなに辛いものだとは思っていませんでした。
今もまだ信じてない。
普通の日常を送る自分が許せなかったり、不思議だったり。

お別れの日に見た写真の中の彼女は、
私は見たことがないサラサラの長い髪をしていた。
ショートカットの彼女しか見たことなくて、
その髪もとっても似合っていたけど、
長い髪がきれいでとっても似合ってた。
そうだったのね。
あなたは、こんなに長くてサラサラの髪をしていたんだね。

昨年の11月頃に
彼女から「覚悟の手紙」をもらった。
そこには、厳しい現実と
「絶対に生き抜いてみせる」と強い気持ちが書かれていた。
その日から少しずつドキドキしていたけど、
彼女なら奇跡を起こしてくれるんじゃないかと思っていた。

弱い私は、その後も何度彼女に励まされて来たかわからない。
「ありがとう」を何回言っても足りない。

「もう少し元気になったら、また会おうね」
そう約束してたのに。
会うお店まで決めてたのに。
だからきっとまた会える日が来るって信じてた。
無理矢理にでも会いに行けばよかったよ。
大きな大きな後悔。

必ずまた会えるから、少しだけ待っててね。
それまで、あなたはずっとずっと私の心の中にいてくれる。
今までもこれからも、あなたは大切な大切な宝物。

もっともっと伝えたいことがあるはずなのにな。
やっぱりうまく言えないよ。ごめんね。


ご家族の方の気持ちとくらべることは申し訳なさすぎるけれど、
残された者はこんな悲しい気持ちになるんだ。。。そう思った。
ゴールが決まっている私。
厳しいけど、それが変わることはない。
このままみんなと友達でいてもらっていいのかな。
そうちゃんやけんちゃんを可愛がっていいのかな。
別れることが決まっているのに、仲良くしていいの?
そんなの全部自己満足。自分のことしか考えてないんじゃないのかな。
よくわからなくなってしまいました。

神様。
私たちにもうご褒美はないの?
痛みに耐えて、副作用に耐えて。
どんなに辛い治療に耐えても、たどりつくところは決まっているの?
答えは1つだけなの?
辛いゴールに向かって、
私たちは治療をしなくてはならないの?
何のために苦しむの?
どうして私たちだったの?
どうしてつれていっちゃうの?
悔しい。

辛くて辛くてたまらないけど、
「もう泣かないで」って言ってくれてるよね。
頑張るよ。
またあなたに会える日まで、頑張ってみるよ。
3人で書いたお手紙、今頃読んでくれているかな?

ねぇ。聞こえてる?
また「何言ってるかわからない」って笑ってるね。きっと。

ありがとう。

またね。


支離滅裂な独り言ですいません。
明日からまた、ハラヴェンの副作用など記録していきます。
スポンサーサイト

プライベートモード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。