スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リビングウィル

2014/05/20 (火)  カテゴリー/乳がん

ハラヴェン1クール2回目 無事終了。

今日の白血球は3600だって。

「白血球はいつごろ下がってくるんですか?」って聞いたら、
何故か、切れ気味に「もう下がってるから!」って。
そして「今日は3600!」って教えてくれました
私の質問の仕方も悪かったけどさ。
「いつ頃、底になるのか?」を知りたかったんだよね。
初めてのクールだからわからないじゃん?
あーぁ。先生は今日もご機嫌ナナメさんでした。

私の先生は質問されるのが好きじゃないのかな。

1回目の夜は熱が出たけど、
今日はまだ平熱です。
「ウコンの力」も飲んだし、きっと大丈夫!と言い聞かせます。

家に帰ると「日本尊厳死協会」からパンフが送られてきていました。
先日、blueさんと「パンフ来たら連絡するね〜♪」なんて
映画のパンフレットのことみたいに明るくネタにしちゃいました。

小冊子のようなものを予想していたのですが、
小さな封筒に入れられたフライヤーのようなパンフレットでした。

5201.jpg

ちょっと抜粋しますね。
「「リビングウィル」は、終末医療に対する自発的意思を
あらかじめ表した事前の指示書です。
英語(Living Will)は生前意思と訳されます。
「いのちの宣言書」といった意味でしょうか」

「尊厳死の宣言書」の要旨として
1、疾病が不治で死が迫っている時、延命措置を断る
2、ただし、苦痛を和らげる緩和治療は十分にお願いしたい。
3、回復不能な状態(持続的植物状態)に陥った場合、生命維持措置を断る。

以上、3点が掲げられています。

尊厳死は、自然死、満足死と同様で、安楽死とは異なることも書いてあります。
キャッチコピーは
「健やかに生きる権利
安らかに死ぬ権利
自分自身で守るために」です。

なるほど〜。
1年間に2000円の年会費で、年会費を振り込むと会員証が送られてくるそうです。
会員の特典(?)は、年4回の会報発行。
講演会開催、終末期医療の情報提供だそうです。

署名するつもりで取り寄せましたが、
自分が残される立場だったらどう思うのかな?とも考えてしまいました。
誰にも相談もせずに、こういう書類にサインしていたら。。。
自分の家族に対して、
いざとなったときにも延命してほしくないと思えるだろうか?
残していく家族のことも考えて署名しておこうと思っていたけど、
「果たしてそれでいいのか?」
「いや。やっぱり延命はしてほしくない」と、気持ちは揺れます。
延命してほしくないことに変わりはないけど、
それは一度ちゃんと話してみた方がいいのかな。
署名して会員にならなくても、
家族や病院側に話しておくだけでもいいのかな?とか。。。
会員になることの意義がよくわからなかったのです。
今日届いたばかりなので、もう少しじっくり考えてみます。

看護師さんが、脱毛する人は2回目投与後から始まるって言ってたなぁ。
明日からちょっとドキドキしちゃうな。



スポンサーサイト

ウコンのちから

2014/05/20 (火)  カテゴリー/ハラヴェン

ただいま、診察待ち~。

先生が外出中だって。
あと30分で戻るから、待合室から動かずに待っててって。

抗がん剤前にカレーを食べるといいって聞いたことあるので、
害になることはないと思い、
前日によくカレーを食べてました。
そしたら、友達が「ウコンの力」を飲むと、抗がん剤の作用を助けてくれて、
さらに副作用を軽減するらしいと調べてくれました。
クルクミンって成分がいいとかなんとか。
さっき「コンビニで買って飲みな」ってメールが!

そんなわけで、飲んでみました。
「ウコンの力」
先生に言ったら笑われそうだけどね。
暗示にかかりやすい私には向いてるかな。

早く呼ばれないかなー。
眠くなっちゃった。


プライベートモード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。