スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

永遠の片思い

2014/01/24 (金)  カテゴリー/気持ち

お腹が痛かった1日。
また盲腸?って思ったよー。ありえないけど(笑)
横になっていたら、なんとか治まった。
ゴロゴロしてたら「忘れ物した」とびんちゃんが帰ってきた。
すぐに行っちゃったけど、なんだか申し訳ない気持ちになってしまった。

先日、みんなで食事したときのこと。

そうちゃんが、びんちゃんに
「あすちゃんはね、ねこおじさんよりボクの方が好きって言ったよ」とバラしました。
びんちゃんは「ふーん。全然気にしないよ」と言いました。
そうちゃんはキャッキャッと笑って、私を見ました。
私。からかわれてる?

ついこの前まで、私と結婚すると言ってくれてたそうちゃん。
最近は、同じクラスのサキちゃんと結婚すると言い出しました。
サキちゃんのことを話すとき、真っ赤になります。

私に「あすちゃんは何番?って聞いて」と言うので、
(何番目に好きか?って意味です)
「あすちゃんは何番?」と聞くと、必ず39番と言われます。
そのリアルな数字に傷つく私。
お嫁さん候補から急降下です。

何度も何度も
「何番か聞いて」
「何番?」
「39番」
「ガックシ!」
の、繰り返しです。

ちなみに1位は、ママだそうです。

あすちゃんは、永遠にそうちゃんに片思いだね。
でもそれでいいのです。
そうちゃんが、元気で笑ってくれてたらそれでいいのです。
あすちゃんの一番はずっとずっとそうちゃんです。
いつか、そうちゃんと会うことができなくなったとしても、
ずっとずっと一番はそうちゃんです。
愛してます。

明日はスケート教室なんだね。
楽しんでおいで。


小さな小さな洗濯物。
そうちゃんとけんちゃんの。
スポンサーサイト

うれしかったこと その2

2014/01/24 (金)  カテゴリー/日々の事

うれしかったこと。2つめ。

月曜日の通院日。
外来に行くと、入院したときにお世話になった看護師のCちゃんがいました。
「あ!Cちゃんだ!」
覚えてくれているかな?
自信はなかったけど、とにかく嬉しかったので、
チョンチョンと声をかけてみました。
そのときの私は帽子にマスク。
出ているのは目だけ。
「覚えてる?」
怪しげなおばちゃんが、かわいこちゃんに声をかけてるみたいな図。
でもCちゃんはすぐに「あすをさん?」って。

嬉しい。覚えてくれた~♪
看護師さんってすごいね。
もう2年近くも前のことなのに、
ちゃんと名前まで覚えててくれて。
症状まで覚えててくれている。
「一人で来たんですか?」
「電車で来たんですか?」
「もう歩けるんですか?」
「杖なくても平気なの?」
「ホントに?」「本当に一人で来たの?」
「もう息苦しくないの?」
そう言って、私が歩けるようになったことをすごくすごく喜んでくれた。
私の娘でもおかしくないくらいのCちゃん。
「髪もね、のびたんだよ」
帽子をとって、クルクルボサボサの髪の毛を見せたら
笑いながらも喜んでくれました。

一昨年の4月。
約2ヶ月の入院でした。
入院初日に担当してくれたのがCちゃんでした。
真っ暗な気持ちの中、おっとりした彼女の一生懸命な感じが私を癒してくれました。
ローテーションで色々な看護師さんが担当してくれて、
どの看護師さんもみなさん優しく親切でした。
不思議とCちゃんの担当日が一番多くて、
抗がん剤投与日の担当がCちゃんだと安心できました。
「まだ新人なんです」
そう言ってたけど、まさに白衣の天使でした。
このときの担当がCちゃん。

入院したばかりのときは、肺に水が溜まっていたので
酸素チューブして、車椅子。
骨転移してて動けないので、本当に何から何まで看護師さんのお世話になりました。
トイレに行くのも、シャワーするのも。着替えるのも。
パンツだって履かせてもらってた^^;
車椅子での移動の許可が出てからも、
車椅子に乗るためにナースコールで来てもらわないといけなかった。
何度ナースコールを鳴らしても全然イヤな顔せずに、
とにかくすべてお世話してくれました。
しかも寝てばかりいたので、お尻に大きな床ずれができてしまって、
毎日、お尻丸出しでお薬を塗ってもらってた。
そのこともCちゃんは覚えててくれてて
「お尻はもう大丈夫?」って笑いながら聞いてくれた。

嬉しい嬉しい再会。
これからは時々外来で会えるかも知れないね。
お礼を言わなくちゃいけないのは私の方なのに、
何度も何度も「声かけてくれてありがとうございました」って
Cちゃんは言って、お部屋に入っていった。
きっとまたいつかお世話になる日が来るからよろしくね。

その後、「大変だったねー」と主治医担当(?)の看護師Sさんが来て、
盲腸の手術のことを聞いてくれた。
「先生に話しておくからね」って。
外来の日はSさんの顔を見ると安心する。

こういう人たちに支えられて、
私は元気になれたんだなぁと改めて思いました。
ありがとう。

うれしかったこと。その2でした。

◇◆◇◆◇

今日のあまあま
びんちゃんの熊本みやげ。
くまもんクッキー。
豆乳たっぷりの生姜紅茶と。

暇な私は、おまけのペーパークラフトのくまもん貯金箱も作ったよ。
子供向けだと侮ってたら、すんごく難しかった~。
貯金箱のなかみ、入れてくれる人、募集中!

プライベートモード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。